海外からの来客にはハイヤーの活用を

最近は海外から日本に訪れる人たちも多くなっています。これは東京オリンピックに代表されるようなイベントを見物に訪れる場合もそうですし、そのほか伝統的な日本の寺院や名所などを観光する場合、商談や現地視察などのビジネスの都合で訪れる場合なども該当します。

ひとくちに外国からといっても、その背景は多様であるという点にも配慮しなければなりません。外国人にとって日本というのは未知の国であることに違いはありませんので、目的地への移動などもなかなか骨が折れるところといえます。たとえば空港から東京都心へと移動する場合にも、時刻表や路線図を見ながら電車を選ばなければなりませんので、慣れない土地では間違いなどのアクシデントも予想されます。

このような場合にははじめから専属で車両を手配しておくのが便利ですが、そのための手段としてはハイヤーが最適です。ハイヤーは事前に予約をしておくことによって、その日あるいは時間限りで車両とドライバーを専属で貸し切ることができるため、電車のように時間や経路を乗客のほうが合わせなければならない交通手段とは違い、かなり自由なプランニングが可能です。勝手のわからない外国ではハイヤーのような手段のほうがより安心ですし、もちろん乗り心地も抜群ですので、せっかくの機会を有効に楽しむことができるでしょう。

これは本人が旅行の手段として活用する場合はもちろんですが、海外からビジネスなどの関係で客人を出迎える場合にも使えますし、むしろハイヤーの本来の存在目的にもかなっているといえます。ビジネスの場合は観光旅行とは違って、移動というものはどうしても単調で退屈なものになりがちですが、それに変化を加えることが可能なのもハイヤーの取り柄といえます。ハイヤーは車両とドライバーがセットというのも意義深いところで、実はドライバーのほうにもビジネスレベルの英会話の能力などのさまざまな特技をもつ人材が多いのが特徴です。

場合によっては車窓から見える東京の見どころなどを英語でドライバーが紹介をすることもできますので、客人のもてなしにもぴったりの手段です。ドライバーといえば運転だけに従事するスタッフというイメージがありますが、ハイヤーの場合はそれだけに限らず、英語などの外国語のほか、観光に関する知識や地域の事情にも精通していることがあります。このような特色を生かすことも予約をする上では考えておきたいところです。